【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

プチプラでも優秀

レディ

種類によって違う特徴

日焼け止めには種類があり、それぞれ特徴があります。これを把握しておくと、たとえプチプラでも満足の行く効果を得ることが出来るので、是非覚えておきたいところ。まずは一番メジャーなクリームから押さえておきましょう。クリームの日焼け止めは保湿力が高いのが一番の特長で、乾燥肌の人には特におすすめ。伸びの良いテクスチャーなら塗りムラもおこしにくく、落ちにくいのも良い点です。ただ、油分が多いものはしっかり落とさないとニキビの原因になる場合があるので、クレンジング剤などでしっかり落とすことも大事です。乳液の日焼け止めは肌にやさしいのが特長で、敏感肌の人におすすめ。水分が多いので塗りやすく、面積の広い部分にも塗りやすいので体に使うのが良いでしょう。ただ、ローションのほうが乳液よりも肌にやさしく、気になる敏感肌の人はこちらを選ぶと良いでしょう。化粧水のように使えるので扱いやすいのですが、落ちやすいですし、SPF・PAが低めなのでアウトドアを楽しむ日には向きません。ジェルの日焼け止めは最近増えているタイプで、ベタつきが嫌な人にはピッタリ。完全に透明なので顔にも体にも使い勝手は最高なのですが、実は刺激が強い成分が入っていることもあるので、肌との相性には注意しましょう。スプレータイプの日焼け止めは、手が届きにくい後頭部や背中側に塗るのにすごく便利。ちょっと困るのは周囲に飛び散る点なので、周りの人や部屋に気をつけましょう。パウダータイプの日焼け止めはメイクの上から馴染まるのにおすすめ。とても肌にやさしく、石鹸でも落としやすいものも多いので優秀ですが、落ちやすいので塗り直しは必要です。

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.