【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

紫外線から守ります

レディ

肌の老化を防ぎます

夏になると紫外線が強くなって、日焼け止めを塗り始める方も多いですが実は、紫外線は3月くらいから急激に強くなって肌へ与える影響が強いです。特に、5月は真夏の8月と同じくらいの同じレベルの紫外線量があり6月〜7月の紫外線のピークの時に次ぐ強さです。夏の暑い時は、日焼け止めを塗るということが意識されやすいですが、5月くらいですと意識が薄い分日焼け止めを塗らず気づいたらシミやそばかすなどになっていたということもあります。そうなる前に、3月くらいから日焼け止めを塗るのがお肌を守る大切なこととなってきます。紫外線には、日常生活の窓から入ってくる紫外線A波と太陽から直接受けるB波があります。A波は、肌の表面に与える紫外線で色を黒くしたり肌を老化させたりする紫外線で、B波は肌の奥の細胞に働きかける紫外線でいっきに焼けてしみやそばかすなどをつくり、しわやたるみの原因となります。特に、このB波は肌に与える影響が大きいといわれています。1度なったしみやしわを元の状態に戻すのはなかなか大変なので、日焼け止めを使ってシミやしわを作らせないのが大切です。日焼け止めを塗ることによって紫外線をブロックしてくれます。ジェルタイプ・スプレー・クリームタイプと種類も豊富で外出によって効果の長さや肌への負担も変わってくるので外出の度合いによって日焼け止めを選ぶのも大切です。まずは、日焼けをしないように帽子屋手袋をして日焼け止めを塗ることが予防となります。

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.