【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

しっかりとしたケアが大切

ウーマン

紫外線をカットします

夏の紫外線の強さは、意外と意識しますが春先や冬のスキーなどの紫外線の意識は少ない方も多いようです。紫外線を浴びることによって、肌の奥の細胞を刺激してメラニンを多く生成するのでシミやそばかすの原因になります。紫外線は、窓からの入ってくるA波と外の太陽の光を浴びることによるB波があります。これを防ぐには、紫外線に当たらないのが1番ですが日常生活していると外出しないというのはなかなか難しいことです。紫外線対策としては、外出の時に帽子をかぶることや手袋をすること。そして、日焼け止めを塗るのが大切になります。日焼け止めの種類としては、クリームタイプとスプレータイプとパウダータイプがあります。クリームタイプは、自分の手でしっかり塗ることができるのでむらなく塗ることができます。また、ウォータープルーフのものが多いので、汗や水に強いのでファンデーションも落ちないです。スプレータイプは、さっとスプレーすることができるので出先でもシュッとひと吹きできます。背中や首なども自分でつけることができます。パウダータイプは、肌に優しいものが多いので肌の弱い方も使うことができるものが多いです。日焼け止めにはSPFやPAと書かれていて数値の多いものが、紫外線を防ぐ効果が高いですがその分肌への負担も多いので行く場所や時間によって使い分けるのが、大切です。紫外線は、目に見えないものですが年中降り注いでいるので日焼け止めをこまめに塗ることがシミやしわを予防する第一歩になります。

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.