【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

紫外線を浴びる時間が基準

女性

季節や肌質も考慮する

日焼け止めを選ぶ基準として、多くの人はSPFの数値を基準としているのではないでしょうか。多くの人は、SPFの数値が高いほど紫外線防止能力が高いと認識しているようですが、それは少し違います。SPFの数値は、紫外線をブロックする効果の高さではなく、紫外線を浴びてから肌が赤くなるまでの時間の長さを示しています。数値が高いほど、長時間肌を紫外線から守ることができるという意味で、ブロックする能力は変わりません。そのため、日焼け止めを選ぶ際には、どれぐらいの時間紫外線を浴びるかを基準にするのが賢明です。何もつけない肌が紫外線を浴びて赤くなるまでの時間は、20分程だとされています。SPF10は、その時間を10倍に伸ばせるという意味で、200分間肌を守れることになります。同様に、SPF30なら600分間、SPF50なら1000分間肌を守れる計算です。短時間のお出かけならSPF10、一日中お出かけするならSPF30、海や山へのレジャーならSPF50を選ぶようにすればよいでしょう。また、日焼け止めのテクスチャーも、クリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど色々なタイプがありますが、季節や肌質に合わせて選ぶのが賢明です。濃厚なクリームタイプは乾燥した冬の季節や乾燥肌に、伸びが良く使いやすいミルクタイプは普通肌に、サラッとしたジェルタイプは暑い夏の季節や敏感肌に向いています。これらの基準を参考にして、自分に合った日焼け止めを選びましょう。

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.