【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

きちんと落とすことが大事

ウーマン

正しい使い方を知っておく

日差しの強い時期に役に立つアイテムと言えば日焼け止めクリームがあります。日焼け止めクリームは市販されている物も多く、手軽に使用できる事で何も意識せずに使っている方も多いでしょう。しかし、適当に商品を選んで使用した場合、肌トラブルを起こしてしまうケースも珍しくありません。使用前に必ず正しい使い方を知っておくと良いでしょう。最も注意する点は使用量を守る、という事です。必要以上に塗ってしまうと肌が荒れてしまう事があり、少量では効果が薄れてしまいます。日焼け止めクリームを塗ると白くなりベタつくのが嫌だ、と言う方は透明タイプの物を使用されると良いでしょう。そして、ムラのないように塗るのが基本ですが、全体的に塗る前に目立たない箇所に少しだけ塗って様子を見ておきましょう。赤みが出たりする肌荒れを引き起こした場合はすぐに使用を控えて、どの成分がいけないのかを医師に相談される事をお勧めします。また、長時間外で活動される場合は塗り直しを行う必要があります。日焼け止めクリームは汗で流れてしまう事があるので2時間、3時間程したら塗り直しましょう。近年ではお化粧をする前の下地用として日焼け止めが使用できるタイプも販売されています。耐水性が強いのが特徴で、少しの汗などでは取れる心配もありませんが専用の日焼け落としが必要になります。日焼け止め類は塗る事も大切ですが、落とす事も非常に重要です。しっかり落とさなければニキビや肌荒れの原因になってしまうので、肌を傷つけないように確実に落としておきましょう。

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.