【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう

レディ

プチプラでも優秀

日焼け止めは近年種類がとても増えていますが、それぞれ特徴があるのでそれを把握した上で使い分けましょう。特性を活かせれば、プチプラでも十分優秀に機能しますので、自分の肌との相性もチェックしてみましょう。

詳しく見る

ウーマン

しっかりとしたケアが大切

紫外線は、シミやしわの原因になり肌の老化につながるのでなるべく紫外線にあたらないようにするのが大切になります。それには、外出の時には、紫外線に当たらないように帽子かぶり、手袋ををしてしっかりと日焼け止めを塗るのが大切です。

詳しく見る

女性

紫外線を浴びる時間が基準

日焼け止めを選ぶ基準は、どれぐらいの長さ外出するかを基準にして選ぶのが賢明です。SPFの数値が高いほど、長時間肌を保護することができます。また、テクスチャーも色々なタイプがあるので、季節や肌質に合わせて選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

2種類のメカニズムがある

化粧品

敏感肌なら紫外線散乱剤

日焼け止めは、塗るだけで紫外線をカットしてくれる有益なコスメで、シミやそばかす、しわの予防に欠かせないアイテムです。しかし、日焼け止めの紫外線をカットのメカニズムは2種類の方法があり、自分に合ったものを選ぶことが大切になります。1つめの方法は紫外線吸収剤を使った紫外線カットで、紫外線を肌に吸収した後化学反応を起こし外部に排出し、ブロックするというメカニズムです。紫外線吸収剤はクリームや乳液との馴染みが良く、滑らかに肌に伸ばすことができ、汗に強いのが特徴です。しかし、皮膚の上で化学反応を起こすため、敏感肌の人には刺激が強い場合があります。また、化学反応時には熱を放出するため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。2つ目の方法は紫外線散乱剤を使った紫外線カットで、皮膚の表面で紫外線を乱反射してブロックするメカニズムです。ミネラル成分が主原料となり、肌に負担が少ないのが特徴です。ただ、粒子が粗く汗で流れやすいという、白浮きするというデメリットがあります。そのため、できるだけ肌に負担をかけずに紫外線をブロックしたいなら、紫外線散乱剤を使った日焼け止め、汗をかきやすく、しっかりとれにくい日焼け止めを求めるなら、紫外線吸収剤を使ったものを選ぶのが賢明でしょう。しかし、実際にどちらが自分に合うのかは使ってみないとわからないため、まずは目立たない場所でパッチテストをしてから、使い始めるのがベストです。

レディ

紫外線から守ります

お肌の大敵の紫外線は、3月くらいから強くなってくるので春先から日焼け止めを塗って紫外線予防をするのが大切です。紫外線は、シミやしわの原因になるので外に出かける時間によって、その用途にあった日焼け止めを選ぶのが大切です。

詳しく見る

ウーマン

きちんと落とすことが大事

日焼け止めを使用する時に、正しい使い方の知識を把握しておきましょう。まず、長時間外にいる場合は塗り直しが必要です。効果の強い日焼け止めや塗り直しを行なった場合、完全に落としきれていない事もあるのでしっかり洗い流すようにしましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 【紫外線カットのメカニズムを解説】肌に合った日焼け止めを選ぼう All Rights Reserved.